虫歯の治療

虫歯は、お口の中の虫歯の原因となる菌が、食べ物の中に含まれる糖を分解するときにできる酸により歯が溶けていく病気です。 一度虫歯になった歯は、治療をすることにより歯の形を修復することはできますが、現在の医療技術では元通りの歯に戻ることはありません。 また、虫歯になった原因がそのままだと、再び詰め物の間から虫歯になってしまいます。虫歯により、溶けてしまった歯を治療することは大切ですが、 古賀歯科医院では、虫歯にならないお口の中を作ることが大切だと考えています。

虫歯を削って詰める治療

転んで擦りむいたところは自然に治りますが、虫歯で溶けてしまった歯は自然に治ることはありません。歯医者で虫歯をとり、穴が開いているところを 埋める治療が必要となります。

プラスチックで埋める虫歯治療(コンポジットレジン修復)

虫歯の大きさが小さい場合は、光で固まるプラスチックで虫歯を埋める治療を行います。小さい虫歯では、麻酔をしなくても治療できる場合がありますが、 凍みる場合は麻酔をしてから歯を削ります。削ったあとは、虫歯を削った部分にプラスチックの材料を入れ、光で固めます。 プラスチックの材料なので、強い力がかかると割れたりすることがありますが、修理をすることができます。

虫歯が出来ないようにする治療

虫歯を詰めたら治ったと考える方は少なくないと思います。しかし、お酒を飲みすぎて痛風になった人が、薬を飲んで痛風が良くなったとしても、またお酒を飲み過ぎたら、 痛風が再発するように、虫歯も虫歯になりやすいお口の環境が整っていれば、また虫歯になってしまいます。古賀歯科医院では、どうやったら虫歯になりにくいお口の中を 維持することが出来るのかを伝えながら、虫歯の原因となる汚れが残っていないかを皆さんに変わって確認し続けています。